新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

原子時計が地球で最も短い一日を記録

CC0 / Pixabay / 地球(イメージ)
地球(イメージ) - Sputnik 日本, 1920, 02.08.2022
2022年6月29日、原子時計が地球の自転を測定し始めた1960年代以降、最も短い1日を記録したことが明らかになった。英紙「デイリー・メール」が伝えている。
同紙によると、ここ数年で1日の時間がごくわずかながらも短くなっているという。2020年7月19日は1日が1.47ミリ秒短くなった。そして2022年6月29日にはその記録を更新し、1日が1.59ミリ秒短くなっていた。
南極 - Sputnik 日本, 1920, 02.08.2022
IT・科学
南極大陸の火山 活動すれば地球の生命に影響を与える可能性
研究者らによると、地球は14億年前、1日の時間の長さが19時間だったという。その後、地球の自転は少しずつ遅くなり、現在の24時間になっている。人間が1日の時間が短くなっていることを感じ取ることは難しいが、人工衛星やGPSなどのナビゲーションシステムが影響を受ける可能性があると研究者らは指摘している。
関連ニュース
伴星を食べて最も重くなった中性子星を発見
太平洋で大規模かつ非常に高い温度の熱水噴出孔が発見される
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала