原因は作業員の好奇心 中国の倉庫で大火災が発生

© 写真 : Screenshot : YouTube / Daily Dose Of Internet 作業員が興味本位で発泡ポリエチレンに点火 倉庫で大火災が発生 中国
作業員が興味本位で発泡ポリエチレンに点火 倉庫で大火災が発生 中国 - Sputnik 日本, 1920, 03.09.2022
中国南東部・広東省の工場にある倉庫でこのほど、大火災が発生。原因は、作業員のほんの出来心だった。
火災が発生したのは8月22日、広東省恵州(けいしゅう)市にある工場の倉庫。倉庫では、複数の作業員がマットレスやソファなどに使われる発砲ポリエチレン(EPE)をロール状に並べていた。
しかしある時、そのうちの一人がロールに接近。ライターで火をつけた。火はたちまち隣のロールへと燃え移り、大炎上となった。
怖気づいた作業員はその場から逃げ出したが、火は倉庫を飲み込み大火災へと発展。その後、作業員は逮捕された。
報道によると、作業員らが並べていた発砲ポリエチレンは生産されたばかりのもので、極めて可燃性の高いブタンガスが付着したままだったという。
現在、当事件は捜査中とのことだが、報道によると作業員は「好奇心から発砲ポリエチレンをテストしてみたかった」と話しているという。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала