世界初  ロシアのライフル銃、 5 キロ超離れた標的に命中

© 写真 : ORSIS ORSIS-CT20
 ORSIS-CT20  - Sputnik 日本, 1920, 21.09.2022
「.375 CheyTac」弾を使用するロシア製スナイパーライフル「ORSIS-CT20」が、世界で初めて5キロ超離れた標的に命中した。ORSISブランドのライフル銃を製造するプロムテフノロギヤ社が、ロシアメディアに伝えた。
「.375 CheyTac」(9.5x77 mm )口径のスナイパーライフル「ORSIS-CT20」は、2019年に開発され、2020年に試験使用の段階に入った。同バージョンは、2キロ以上の長距離射撃用としてつくられた。
「ORSIS-CT20」は、5177メートル離れた標的に世界で初めて命中した。また専門家は「ORSIS-CT20」について、「標的が一つの場合は成功するが、標的が複数の場合でも上手くいくことは現実的に可能」だと判断した。
S-300 V4 - Sputnik 日本, 1920, 21.07.2022
地対空ミサイルシステム「S-300 V4」 クリル諸島での演習で敵の襲撃を撃退
オンライン情報サイト「19FortyFive」の評論家クリスチャン・オア氏は9月、プロムテフノロギヤ社が製造するロシア製スナイパーライフル「ORSIS-CT20」はあまり知られていないが、強力な武器だと指摘した。
これまでライフル射撃の世界最長記録は、ロバエフアームズ社のライフルSVLK-14S「スムラク」の4210メートルだった。最近発表された情報によると、スナイパーが「スムラク」でウクライナの数十の標的を破壊した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала