新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

フォルクスワーゲン、最高速度時速 20キロで走行できるオフィスチェアを披露

© 写真 : Volkswagen 2022最高速度時速20キロで走行できるユニークな電気オフィスチェア
最高速度時速20キロで走行できるユニークな電気オフィスチェア - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2022
自動車メーカーのフォルクスワーゲンは、最高速度時速20キロで走行できるユニークな電気オフィスチェアを開発した。開発者によると、この電気オフィスチェアは、オフィスで働く人の勤務をより興味深くするために考案された。
フォルクスワーゲンの社員向けの新たなオフィスチェアには、電動機、ヘッドライト、クラクション、駐車システムが装備されている。最高速度は時速20キロ、充電1回当たりの走行距離は12キロ。ひじ掛け部分にはタッチパネルが取り付けられており、制御装置や椅子周辺の完全なビューを提供するカメラから取得した画像を表示する画面として機能する。
その他にも、RGB照明、ステレオスピーカー、シートヒーター、シートベルト、書類やノートパソコン用の小さなトランクなどの機能がある。また、エンターテイメントシステムも搭載されているほか、荷台をつけることも可能。
なお、このユニークなオフィスチェアは、PRキャンペーンの一環としてつくられ、販売はされない。一方、フォルクスワーゲンは、そのために準備した特別なフィールドで希望者向けの試乗を行うことを約束している。
スプートニク通信は先に、歩く速度を250%アップするスニーカーが米国で開発されたと報じた。
関連記事
Apple 携帯を非接触型決済端末に変える機能をiPhoneに導入
シンガポール研究チーム、省エネ「スマート窓ガラス」開発
45秒でコロナ感染を判定する機器 フィンランドが開発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала