キエフでパニックとヒステリーの危機対策フェスティバルが開かれる

ウクライナの首都キエフで、パニックとヒステリーのフェスティバルが開かれた。主催者側によると、これは危機対策フェスティバルだという。 同フェスティバルは、お金がない時に生き残る方法を共有することを主な目的としている。

参加者たちは、ウクライナの現在の経済状況と、1900年代初頭の状況を比較し、忘れられていた節約術を思い出した。例えば、セロファン袋をあらって繰り返し使ったり、肉の匂いを付けてじゃがいもを炒めたり、魚の匂いをつけて玉ねぎを炒めるなどの方法だ。
フェスティバルはコミカルなものだったが、少しでも稼ぎを得ようとして利用する人が大勢おり、記念品やワークショップの価格は驚くほど高かったという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала