フランス南部でA320飛行機、墜落

フランス南部でゲルマンウィングス社の旅客機エアバスA320が墜落。バルセロナ発デュッセルドルフ行きの機内には上院乗客148名がいたとされている。大破した機体の一部はすでに憲兵隊の2機のヘリコプターによって発見されている。

A320機は航空ルート9525をたどって飛行中、アルプスのフランス領上空でレーダーから消えた。
現在の情報では機内には乗員6名、乗客142名がいた模様。機体の破片はすでに2機の憲兵隊のヘリコプターによって発見されている。
カズニョフ内務相は事故現場にすでに向かっており、A320機がフランス南部で墜落した事実を仏大統領も公式的に明らかにしている。
飛行追跡を行なうFlightawareサービスの情報では、A320 機は飛行の最後の段階で突如高度を下げはじめていることがわかっている。同サービスの情報では機体は4万フィート(約12キロ)の上空から2万5千フィート(7.6キロ)まで急降下しており、その後、レーダーから姿を消した。このほか地元マスコミの報道では、乗員からは事故の起きる直前に危険信号が発車されていた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала