マスコミ:イエメン大統領 国外脱出か

© AP Photo / Natalia Kolesnikovaアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー
アブド・ラッボ・マンスール・ハーディー - Sputnik 日本
最新の情報によると、イエメンでは、反政府勢力フーシ派が、アブドラッボ・マンスール・ハーディ大統領が避難していたアデンに入り、マフムード・サビーヒー国防相が拘束された。

ハーディ大統領は、どこか別の場所へ移動した。護衛関係者によると、大統領は、湾岸協力会議(GCC)加盟国の外交官らと一緒に、ヘリコプターで飛び立ったという。

なおロイター通信は、ハーディ大統領の補佐官らの話として、大統領はアデンに残っており、どこにも行く気はないと報じている。

ハーディ大統領は24日、イエメンに対する国際的な介入を呼び掛けた。大統領は、国連安全保障理事会のメンバーに送付した書簡で、「イエメンとその国民をフーシ派の侵略から守るために」、国連憲章の第七章に基づく即時の軍事介入を要請した。ハーディ大統領は、GCCやアラブ連盟にも同様の要請を行った。

ハーディ大統領は2015年1月にイスラム教シーア派の反政府勢力フーシ派が首都サヌアの大部分を掌握した後、辞意を表明した。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала