検察、A320操縦士、非計画的殺人と断定

© REUTERS / Albert GeaエアバスA320機を待っていた人々
エアバスA320機を待っていた人々 - Sputnik 日本
マルセイユのブリス・ロベン検事は28日、墜落したA320の副操縦士だったアンドレアス・ルビッツ氏の行為を「非計画的な殺人」と 仏の「プロヴァンス」紙が報じた。

アンドレアス・ルビッツ副操縦士 - Sputnik 日本
A320操縦士の恋人「彼は体制変革を望んでいた」
得られた証拠結果からはルビッツ氏は勤務先のジャーマンウィングス社には健康上の問題を抱えている事実を隠していたことが明らかにされた。マルセイユ検察庁はこれより前、ルビッツ氏は航空機を故意に破壊した疑いがあると発表していた。

ロベン検事は「プロヴァンス」紙からの独占インタビューに答えた中で、「我々は犯罪分類をほぼ変更した。私自身は前はこう思っていたが、結果的に我々は『非計画的な殺人』という評価を残した」と語っている。

それによれば、ルビッツ氏の行為は「航空機を破壊したい突然の欲求」。法律上では殺人は「殺したいという意識的意図」がある場合にのみ計画的ということができる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала