沖縄県知事 普天間基地の撤去について自ら米国人を説得する意向

沖縄県の翁長知事が、米軍普天間基地の移設に関する問題を話し合うために、5月末に米国を訪問する。

「ロシースカヤ・ガゼータ(ロシア新聞)」が東京特派員の情報として伝えたところによると、翁長知事は、米軍の沖縄駐留に関する沖縄の民意を米国側に伝えることを試みるという。

沖縄の民意は、沖縄には普天間基地のための場所はないとする知事の意見と主に一致している。沖縄県と沖縄県民は、普天間基地の撤去を求めている。

翁長知事と会談した安倍首相でさえも、知事の立場を変えることはできなかった。

なお翁長知事は安倍首相に、米軍基地に対する沖縄県民のネガティブな反応を伝えるよう要請したが、今度は知事が自ら米国を訪問する。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала