ラヴロフ外相:FIFAスキャンダル、ロシアのW杯開催を妨害する企てとは思わない

© AP PhotoFIFA logo
FIFA logo - Sputnik 日本
ロシアのラヴロフ外相は、FIFAの汚職スキャンダルが2018年のサッカーW杯の開催権をロシアから剥奪するための企てだったとは思わない、と語った。

「2018年のサッカーW杯ロシア大会を駄目にすることを今誰かが考えているなどとは思わない」。ブルームバーグTVによるインタビューでラヴロフ外相が述べた。

ラヴロフ外相はまた、プーチン大統領の発言を引用した。プーチン大統領によれば、FIFAの汚職スキャンダルに対する捜査の進展について発表するためにこのようなタイミングが選ばれたところを見ると、その目的はFIFA会長選挙を妨害することにあった、という。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала