ハバロフスクに緊急着陸したエールフランスのボーイング機、東京に帰還

© Sputnik / Anton Denisov / メディアバンクへ移行ハバロフスクに緊急着陸したエールフランスのボーイング機、東京に帰還
ハバロフスクに緊急着陸したエールフランスのボーイング機、東京に帰還 - Sputnik 日本
東京とパリを結ぶエールフランスのボーイング機が火曜、ハバロフスクに緊急着陸した。この旅客機が、乗客らを乗せて日本の成田空港に引き返した。ハバロフスク新空港職員がロシアのマスコミに明かした。

「数時間にわたる点検ののち、ボーイング機の機長は引き返すことを決めた。乗客らは自分の席に戻り、同機は21時42分(モスクワ時14時42分)、成田空港に向けて飛び立った」と空港職員。

問題のボーイング777-300機は14時30分(モスクワ時7時30分)、ハバロフスクから100kmの地点で、操縦室のセキュリティシステムが左のエンジンの油圧が低下しているとの警告を発し、ハバロフスクに緊急着陸した。

このAF275便はモスクワ時4時47分に成田空港を発ち、同16時30分にパリに到着するはずだった。
乗員17人、乗客295人が搭乗していた。負傷者は出ていない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала