ベトナム、起きるかロシア製武器離れ

米国防長官のハノイ訪問で、米国とベトナムの間に軍事技術協力合意が結ばれた。このニュースは今日も世界のメディアで様々に取り上げられている。米紙ディフェンス・ニュースはこの合意を指して、将来的にベトナムに米国製の武器が供給され、ベトナムが段階的にロシア製の装備から離れていくことに道を開くものだ、としている。

ロシアの軍事専門家らはこの意見に同調しない。今回の合意に規定された米国製武器の供給量は、ベトナム・ロシア二国間関係の根幹をなす包括的かつ戦略的パートナーシップとは比べるべくもない。現時点でベトナムが軍事製品の9割をロシアから輸入していることは米紙も認めるところだ。

ベトナムは実に様々な装備品をロシアから調達している。高い隠密性を誇る潜水艦、威力や機動性でソビエト時代のMiGiを上回るSU戦闘機、最新式地対空ミサイル複合体Tor、Buk、S-300、沿岸発射式ミサイル複合体バスチオン。

この最後のバスチオンは、1ユニットで600kmにわたり沿岸を防御し、最大20万平方kmの水域を守ることが出来る。これに有効に対処できる装備は世界のいずれの海軍にもない。また、ベトナムの海上の国境には既に最大時速56kmのロシア製哨戒艦スヴェトリャクが2隻、水上・水面下・上空の標的を捕捉・撃滅可能なロシア製哨戒艦ゲパルドが2隻、配備されている。

ベトナム人民軍のヌグエン・クハク・ヌグエト大佐はスプートニクのインタビューに対し、ロシア製兵器のメリットを次のように語っている。

「ロシアは軍事技術協力分野における我々の基幹的パートナーであり、最も安心な、信頼のおけるパートナーである。ロシア製兵器はベトナムの軍事戦略にぴったり合う。そして扱いやすく、動作が安定し、西側製品より火力が高い。万一の場合にも、わが国の軍人が自分で修理できる。また重要なのは、ロシア製品の方が西側製品より安いこと。こうした次第で、わが国は、世界のどの国から武器を買うことも出来るなかで、今後もロシア製品がメインの武器になる」

ロシアの軍事専門家らはベトナムの軍事当局に対し、米国から武器を買い、それを受け取る際には、よく注意を凝らすよう呼びかけている。米国は最近、たとえばウクライナに対して、しばしば欠陥製品を納品している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала