ウクライナ担当のOSCE特使ハイディ・タグリアヴィニ氏 辞任表明

© AP Photoウクライナ担当のOSCE特使ハイディ・タグリアヴィニ氏 辞任表明
ウクライナ担当のOSCE特使ハイディ・タグリアヴィニ氏 辞任表明 - Sputnik 日本
欧州安全保障協力機構(OSCE)のウクライナ担当特使ハイディ・タグリアヴィニ氏が、辞任を表明した。スイス外務省の報道官の発言を引用して伝えた。

報道官は、タグリアヴィニ特使が「近いうちに自分の任務を終えることを望んでいる」と述べた。なお、辞任の理由は明らかにされていない。

タグリアヴィニ氏は、2014年6月8日に、OSCEのウクライナ担当特使に任命された。同氏は、昨年2月に行われた協議にも参加した。協議では、ミンスク合意の2つめの文書に調印がなされた。

リア・ノーヴォスチ通信が、交渉に近い筋の話として伝えたところによると、タグリアヴィニ氏は、当事者たちの約束を守る能力の低さを受けて、ウクライナ東部の状況を解決するためのコンタクト・グループにおけるOSCE代表の役職を辞退したという。

また情報筋によると、協議プロセスの複数の参加者が、「野蛮な行為に対してギリギリの行動」をとることがあり、タグリアヴィニ氏は「非常に落胆」したという。情報筋は、「タグリアヴィニ氏は、当事者たちが必要としているのは援助ではなく、また彼らにはそもそものはじめから合意する能力がないことを知り、自分の今後の活動が、和平プロセスをはかどらせることはないとの結論に達した」と述べた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала