日本 中国による南シナ海での埋め立てを懸念 ー 首相

© Sputnik / Yuri Somov / フォトバンクに移行南シナ海
南シナ海 - Sputnik 日本
日本の安倍首相は7日、フランスのオランド大統領と会談し、日本は、現在中国が南シナ海で進めている岩礁の埋め立てを懸念していると述べた。

安倍首相は、「中国による埋め立ては急速に進んでいる。フランスと懸念を共有したい」と訴えた。日本経済新聞が伝えた。

中国は、自分たちが固有の領土と考えている南シナ海の係争海域で、人工島の建設を続けている。これは、フィリピンやベトナムを含む地域の国々の不満を呼んでいる。

これらの国々は、中国の行動は地域の国々の主権に対する深刻な違反であり、地域の平和的な航行にとって脅威となっているとする声明を何度も表している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала