ロンドンで大規模反政府集会

© AFP 2022 / JUSTIN TALLISロンドンで大規模反政府集会
ロンドンで大規模反政府集会 - Sputnik 日本
英国首都で緊縮財政策に抗議する大規模な集会が開かれている。主催者発表では、参加者は7万1000人。

デモ行進がロンドン・シティの英国銀行からウェストミンスター宮殿まで行われ、そこで野党政治家や労働組合幹部、著名人らも参加するミーティングが開かれる予定。

「緊縮財政策に反対する人民総会」なる、政府に不満を抱える様々な人を束ねる運動体が、抗議集会の組織者となる。その掲げる要求のリストは、かなり長大なものである。それにはたとえば、社会補償費の削減や、それに関連して学校や病院等が住民への社会サービスを十分に提供できなくなることへの恐れ、移民政策への反対などが含まれている。

抗議集会には各種の反戦団体も合流する。核廃絶キャンペーン事務局長ケイト・ハドソン氏が記者らに語ったところによれば、この抗議行動によって、核攻撃複合体トライデントの導引計画を実現しないよう、政府を説得できるだろう、とのことだ。

抗議行動の前にリーダーの「人民総会」一人サム・ファーバン氏は次のように語っている。「このデモは、英国全土の抗議行動、ストライキ、市民抵抗キャンペーンの始まりをなす。現在の緊縮財政策が撤回され、英国の社会サービスが再び社会の手に取り戻されるまで、多数者のニーズが最重要視される日まで、我々は止まらない。我々は、危機とは何の関係もない多数市民でなく、銀行屋とエリートこそが危機の対価を支払うよう要求する」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала