南シナ海の中国の滑走路ほぼ完成

© AP Photo / Rolex Dela Pena, Pool南シナ海の中国の滑走路ほぼ完成
南シナ海の中国の滑走路ほぼ完成 - Sputnik 日本
中国が南シナ海で行っている岩礁の埋め立てと建設について、アメリカのCSIS=戦略国際問題研究所が1日に衛生写真を公開し、飛行場の3000メートル級の滑走路がほぼ完成しているとの分析を明らかにした。NHKが伝えた。

南シナ海:いつものように米国は数歩遅れて - Sputnik 日本
南シナ海:いつものように米国は数歩遅れて
NHKによると、CSISは、南沙(スプラトリー)諸島にあるファイアリー・クロス礁(永暑礁)で建設中の長さおよそ3000メートルの滑走路がほぼ完成しているほか、滑走路につながる飛行機の誘導路とみられる道、駐機場とみられるスペースも整備が進んでいると分析している。

このほか画像には2つのヘリポートと10基の衛星アンテナ、レーダー塔とみられる施設1カ所も確認できるという。

中国政府は、6月30日、浅瀬の埋め立て作業は終わったと発表し、今後は、科学的や軍事上必要なものを含め施設の建設を進める段階に入ったと強調していた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала