ラトビア大統領:対ロ制裁問題を含め、より積極的に国益を追求するべき

© AFP 2022 / SAUL LOEBラトビアのライモンド・ヴェイオニス大統領
ラトビアのライモンド・ヴェイオニス大統領 - Sputnik 日本
ラトビアの政治家や高官は、EUでもNATOでも、より積極的に国益を追求するべきだ。LETAのインタビューでラトビアのライモンド・ヴェイオニス大統領が述べた。Delfiが伝えた。

「ラトビアはブリュッセルにおいて自らの権利をよりよく守ることが出来るはずだ。他の国にならい、より強く自分の主張を押し通すべきだ」

ラトビアのライモント・ヴェヨニス大統領 - Sputnik 日本
ラトビア大統領、ロシア語で話すことを禁じられる
大統領は対ロ制裁とロシアの対抗制裁が導入されて以降の国情にも言及した。

「遺憾ながら我が国も制裁合戦に巻き込まれている。もっとも、EU内のどの国にも責任はない。制裁で複数の部門が損害をこうむっている」

状況の悪化を防ぐためには、金融部門などにバランスと平等をもたらすためのメカニズムが必要だ、と大統領。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала