ロシアのクビアトが鈴鹿F1グランプリ第2走行でトップ

© Sputnik / Anton Denisov / フォトバンクに移行ロシア人レーシングドライバーのダニール・クヴャト
ロシア人レーシングドライバーのダニール・クヴャト - Sputnik 日本
ロシア人レーシングドライバーのダニール・クヴャト(日本ではクビアトで知られる)がF1グランプリのフリー走行で初めてトップに躍り出た。

クヴャト(レッドブル所属)は鈴鹿サーキットでのフリー走行2回目を1分48秒277で走り抜け、最高成績を収めている。2位にはドイツのニコ・ロズ・ベルグ(メルセデス)が1分48秒300で、3位には英国のルイス・ハミルトン(メルセデス)が1分48秒853で入った。

クヴャトは1週間前、シンガポールのF1グランプリでフリー走行2回目に最速タイムを記録して優勝したばかり。

明日26日、GPフリー走行3回目が行われ、これで日本でのグランプリの出場者が決まる。決勝レースは27日、モスクワ時間で午前8時(日本時間、午後2時)にスタート。

© Sputnik / Григорий Соколов / フォトバンクに移行ロシア人レーシングドライバーのダニール・クヴャト
ロシア人レーシングドライバーのダニール・クヴャト - Sputnik 日本
ロシア人レーシングドライバーのダニール・クヴャト

 

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала