オレゴン州、町がシカに乗っ取られる

米オレゴン州アシュランド市がシカの群れで溢れかえった。ロイター通信によれば現地では「シカ・サミット」が行われ、ストロムバーグ市長が議長となって、町の押し寄せたシカの対策を話し合う。

中には攻撃的なシカもいて、人の後をつけまわしたり、犬に襲い掛かったりしているという。

オレゴン州自然保護課の職員で生物学者のマーク・ヴァーガス氏によれば、シカは人間を怖がらない。ヴァーガス氏いわく、シカが集まってきたのは人間が餌をやったからだ、と断言している。

自然保護課は現在、シカの数を減らす手立てはゼロ、とお手上げ状態。ヴァーガス氏いわく、シカの出産規制をしようにも、費用は高くつき、効果は薄い。このためには毎年40-50頭を射殺して数を減らすしかない。ヴァーガス氏は、とにかく住民は餌付けをやめるべきだと断言している。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала