ロシア人法律家が通信の秘密の侵害でグーグルを提訴

© Sputnikロシア人法律家が通信の秘密の侵害でグーグルを提訴
ロシア人法律家が通信の秘密の侵害でグーグルを提訴 - Sputnik 日本
グーグルが提供するメールサービス「Gmail」の利用者は、グーグルに対して、個人用メールの秘密を保持し、メールの内容を広告で利用しないことを要求する権利を獲得した。これは、ロシア・エカテリンブルグ出身の法律家アントン・ブルコフ氏が、グーグルを相手に起こした訴訟による判例のおかげで可能となった。

ブルコフ氏の訴訟は、モスクワ市裁判所で審理された。論争が起こったのは、2013年。ブルコフ氏は、Gmailで、計画していたストラスブール旅行についてやり取りした。その時、ブルコフ氏は、ホテルやビザサービスなどの広告表示に気づいた。ブルコフ氏は、グーグルがブルコフ氏のメールを読んで旅行の計画を推測したと考え、グーグルに対してこのような行動をやめるよう義務付けることを裁判所に訴えた。

コメルサント紙によると、結果、ブルコフ氏は、通信の秘密の侵害に対してグーグルから5万ルーブル(9万円超)の賠償金を受け取った。
ブルコフ氏は、次のように指摘している-

「もしロボットによってスキャンあるいは解析されたメールが人間の手に渡らなかったとしても、次なる『スノーデン氏』が、ロボットによって解析されたメールをコピーして、自分の利益のために利用しないという保証はない」。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала