シリアにおけるロシアの空爆作戦「IS」志願者の流れを止める

© REUTERS / Khalil Ashawiシリアにおけるロシアの空爆作戦「IS」志願者の流れを止める
シリアにおけるロシアの空爆作戦「IS」志願者の流れを止める - Sputnik 日本
ロシア航空宇宙軍による「IS(イスラム国)」戦闘員の陣地に対する大規模な空爆は、この過激派テロ集団の一員になって戦いたいと志願する人達の流れを、一時的にストップさせた。空爆作戦開始以前は、トルコ領内を通ってシリアへ週に約200人が入って来ていたが、今はこの流れは、ほぼ完全に止まっている。

ISがパニック:ラッカの検問所は撤去 - Sputnik 日本
ISがパニック:ラッカの検問所は撤去
ラジオ・スプートニクがシリアの信頼すべき情報筋から入手した情報では、ロシア軍の戦闘機は、シリア中部のホムス、北部のアレッポ、北東部のラッカ、東部のデイル・エズ-ゾルにあるISの陣地に激しい攻撃を加えた。ロシア軍機による大規模で定期的な攻撃により、不意を襲われたIS司令部は、空爆作戦実施中は、戦闘員の徴集を一時やめ、グループへの志願兵の入隊を受入れないなど、一連の措置をとらざるを得なくなっている。

ISへの入隊を希望する人々は、トルコや欧州から、(トルコ南中部の)ガズィアンテプ県のカルカムィシや、キリス県のエルベイリといった住民居住区を経由してシリア領内に入ってきている。この1年間で、こうした地区を通って、ISに入隊した人々は約1万6千と言われている。新兵はまず、ISが自分達の首都と呼んでいるラッカに送られ、そこで初めの3カ月間、宗教教育を受け、さらに3カ月間、軍事訓練を受けることになっている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала