世界文化の悲劇、ISのパルミラ遺跡破壊は自分たちの野放し状態を示すため(動画)

世界中の考古学者や専門家らは、古代都市パルミラ遺跡を破壊する「イスラム国(IS)」の蛮行を誰がどのように止めることができるか、頭を悩ませている。シリア政府の元参事官アムル・アルアズム氏は、テロリストらが近日中にもパルミラ遺跡の中でも主要な建築物のひとつに数えられる円形劇場の爆破に着手する噂が流れていると語っている。

パルミラ - Sputnik 日本
IS パルミラ遺跡の凱旋門を破壊
アルアズム氏は遺跡破壊を行うISの主たる目的について、国際社会に対し、世界中が大事にしているものを自分たちは誰の咎めも受けずに破壊することができることを示すためだと指摘する。

「凱旋門アーチの破壊は残念ながら、パルミラ遺跡を連鎖的に破壊する上で鎖のひとつにすぎない。今流れている噂は、テロリストらは円形劇場の爆破を準備しているというものだ。IS戦闘員らの行為は体系的だ。彼らは全世界に対して、国際社会がこんなにも大事にしているものを自分らは咎めなく破壊することができるところを見せつけ、これによって世界の虚弱性を示しているのだ。」

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала