独「ターゲスシュピーゲル」紙、一面にヒトラー肖像写真掲載で謝罪

© Sputnik独「ターゲスシュピーゲル」紙、一面にヒトラー肖像写真掲載で謝罪
独「ターゲスシュピーゲル」紙、一面にヒトラー肖像写真掲載で謝罪 - Sputnik 日本
7日、独日刊紙「ターゲスシュピーゲル」が掲載したテキストと写真。このあまりに不釣合いな取り合わせが世論の関心を惹きつけた。一面大見出しに「移民危機に取り組むのはボスだ」と書かれた下に、新パロディーシリーズ「ごらんなさい。誰が戻ってきたか」でヒトラー役を演じる俳優の写真が大きくボス踊った。

その後、「ターゲスシュピーゲル」編集部は誤った掲載に謝罪を表し、「我々はこうした効果を狙ってはおらず、この二つのテーマは何の関係もない。我々が予期しない誤解が生まれてしまった」という声明を表した。

独マスコミは、新聞は発行の前に紙面構成を再度入念にチェックすべきだと指摘している。コンピューター雑誌CHIPのドイツ版、chip.deは「ターゲスシュピーゲルがお手本となる新聞ではないことを露呈した」と酷評している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала