パレスチナ人女性 ユダヤ人居住地の入り口で自分の車を爆破

イスラエル警察報道部によれば、ヨルダン川西岸地区にあるユダヤ人入植地の入り口で、パレスチナ人女性が、爆破装置を稼働させ、自分が乗っていた車を爆発させた。交通警察官一人が軽いケガをした。

爆発が起きたのは、女性の乗った車が、首都エルサレムに近いマアレ-アドゥミムの検問所で身分証明書を提示するため停止した時のことで、警察発表によれば「女性テロリストは重傷、交通警察官は軽傷を負った」。

イスラエル・パレスチナ紛争の状況が悪化してからこれまで、イスラエル市民に対する攻撃の多くは、爆発物ではなく、ナイフなど刃物を使ったものだった。多発する暴力事件を抑え込むため、イスラエル当局は、国境警備予備隊15隊の招集を発表した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала