トヨタ 2050年までにガソリン車の販売をほぼゼロに

© Sputnik / Владимир Астапкович / メディアバンクへ移行トヨタ
トヨタ - Sputnik 日本
トヨタ自動車は14日、「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表し、二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するために、2050年までにガソリン車をほぼゼロにし、ハイブリッド車や燃料電池車へ移行する意向を発表した。AP通信が報じた。

トヨタ - Sputnik 日本
トヨタ、天津の合弁工場の操業を停止
トヨタは特に、2050年までに2010年比で新車の平均走行時のCO2排出量を90%削減する。

トヨタによると、2020年以降の燃料電池自動車の販売は、グローバルで年間3万台以上、ハイブリッド車の販売は、2020年までに年間150万台、累計1500万台を目指すという。

AP通信によると、トヨタ自動車の2050年までの発展概念には、電気自動車は含まれていないという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала