18日 イランの核問題に関する合意が効力を発揮

7月14日にウィーンで仲介役6者(国連安全保障理事会常任理事国5ヵ国ドイツ)とイランの外相が、EU外務・ 安全保障政策上級代表参加のもとで締結した、イランの核プログラムに関する合意「包括的共同作業計画」が18日、効力を発揮する。

オバマ米大統領、イラン核問題での露中の役割を指摘 - Sputnik 日本
オバマ米大統領、イラン核問題での露中の役割を指摘
いわゆる「受諾の日」は、国連安保理決議第2231が採択されてから90日後とされているため、10月18日にから、合意ならびに、しかるべき国連安保理決議によって規定されている施策が開始される。

ロシア外務省は、「合意の全参加者が現実的な準備を開始し、自分の責任を果たすための最初の行動を行う。これはイランとIAEA(国際原子力機関)との協力や、米国および欧州による一方的な制裁の解除に向けた行動にも関係する」と指摘した。

ロシア外務省は、今後もイランの核問題に関する「包括的共同作業計画」実現のために努力を続ける方針。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала