イエメンでも「国境なき医師団」の病院に空爆数回

© AFP 2022 / Wakil Kohsarイエメンでも「国境なき医師団」の病院に空爆数回
イエメンでも「国境なき医師団」の病院に空爆数回 - Sputnik 日本
国際組織「国境なき医師団」が伝えたところによれば、昨夜イエメン北西部のサダーにある同組織の病院の建物が、数回空爆を受けた。

Twitterの同組織の公式アカウントに出された情報では「昨夜、イエメン北西部サダーにある『国境なき医師団』の施設に対し、数回空爆がなされた。施設内には、職員と患者がいた」との事だが、空爆の結果、死傷者が出たかどうかについては、伝えられていない。

今月初め、アフガニスタンのクンドゥズで、やはり『国境なき医師団』が運営する病院が、米軍機による攻撃を受け部分的に破壊された。そのさい病院内には、およそ200人がおり、入院患者や医師、看護師など30人が犠牲となった。なおアフガニスタン駐留米軍司令部のキャンベル将軍は、やっと6日になって空爆についての責任を認め「誤爆」であったと強調した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала