シリア政府軍を「誤爆」事件は対「ダーイシュ」闘争状況の過熱を示す、露外務省

© Sputnik / Valeriy Melnikovシリア政府軍を「誤爆」事件は対「ダーイシュ」闘争状況の過熱を示す、露外務省
シリア政府軍を「誤爆」事件は対「ダーイシュ」闘争状況の過熱を示す、露外務省 - Sputnik 日本
米国主導の有志連合軍がシリアでシリア政府軍の陣地を攻撃したという発表にロシアは憂慮の念を表している。ロシア外務省が明らかにした。

トルコ軍のイラク進駐は違法行為、ロシア外務省 - Sputnik 日本
トルコ軍のイラク進駐は違法行為、露外務省
「ロシアは12月6日、米国主導の有志連合軍がデイル・エズゾル市近郊でシリア政府軍の陣地を空爆し、またシリアのハセカ州のアルハン居住区近郊が誤爆された結果、一般住民に著しい数の犠牲者がでたというニュースに深刻な憂慮の念を抱いている。」ロシア外務省はこうしたコメントを発表。

「全体としてこうした事件はシリアにおけるいわゆる『ダーイシュ(IS,イスラム国)』との戦いの戦線状況が過熱化していることを物語るものだ。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала