米国最新軍艦、出港直後に故障

© 写真 : アメリカ海軍米国最新軍艦、出港直後に故障
米国最新軍艦、出港直後に故障 - Sputnik 日本
米国の軍艦ミルウォーキーが11日、カナダのガルファクスを発ちフロリダのメイポート海軍基地経由でカリフォルニア州のサンディエゴ港に向かう途中、公海上で故障した。ネイヴィ・タイムズが報じた。

同船は20日前の11月21日に進水したという。

同船はタグボートでヴァージニア州の米海軍基地に曳航され、乗組員や技術班が事態の解明に取り組んでいるという。

中間報告では、潤滑油フィルターに金属片が入り、エンジンが故障した可能性があるという。

心臓部の装置が故障したのはガリファクスを出た直後だったという。故障の恐れありとコンピューターシステムが警報を鳴らしたという。

米国政府は既にこのことを関知しており、議会上院のマケイン議員は、この一件を「非常に警戒すべき」ものとしている。あわせて議員は、米海軍が原因を入念に調査し、責任者を摘発することへの期待を示した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала