トルコ 黒海でロシア船27隻を拿捕-マスコミ

© AP Photoトルコ 黒海でロシア船27隻を拿捕-マスコミ
トルコ 黒海でロシア船27隻を拿捕-マスコミ - Sputnik 日本
トルコは、ロシアとの関係が悪化し始めてから、黒海でロシアの商船27隻を拿捕した。トルコ紙「Habertürk(ニューストルコ)」が報じた。

「Habertürk」によると、トルコは、ロシア当局が「トルコ船8隻を拿捕」したことへの報復措置として、「文書の問題」を理由にロシア船を拿捕し始めた。

「デイリーニュース」紙によると、ロシアとトルコの両当局は、電子メールで、互いのクレームについてやり取りを開始した。「デイリーニュース」の外交筋は、「ロシアは協議する用意があると答えた。しかしそれが、いつ、どこで行われるのかはまだわからない。しかし、双方がこの問題を解決する意向を表したのは重要なことだ」と伝えた。

トルコの黒海管理担当局がサイトで発表した情報によると、トルコは11月からトルコの領海でロシア船籍の商船15隻を拿捕した。なおそのうち14隻は解放された。現時点でトルコのサムスン港に留め置かれているのは、「オネガシプ」社が所有する「ピョートル・ソトレルコフ」号の1隻。「ピョートル・ソトレルコフ」号は、12月11日に拿捕されたという。

ロシア・トルコ関係は、火曜日シリアでロシアのスホイ24爆撃機がトルコ側により撃墜された事件の後、危機的状況となっている。

24日、ロシア機スホイ24が、シリアで墜落した。ロシアのプーチン大統領は、ロシア機について、シリア上空でトルコのF-16戦闘機の「空対空」型ミサイルによって撃墜され、トルコとの国境から4キロのシリアで墜落したと発表した。プーチン大統領は、テロリストの共犯者たちによる「裏切り行為だ」と指摘した。

ロシア国防省の声明によると、パイロット1人は脱出して降りる最中に地上から攻撃されて死亡、またパイロットの救助作業を行っていたヘリコプター「ミル8」も攻撃され、作業に参加してした海兵隊員1人が死亡した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала