スホイ24のフライトレコーダーの解読は不可能なことが判明

© Sputnik / Anton Denisov / フォトバンクに移行スホイ24のフライトレコーダーの解読は不可能なことが判明
スホイ24のフライトレコーダーの解読は不可能なことが判明 - Sputnik 日本
今日、国際航空委員会は、シリア領上空でトルコ空軍機により撃墜されたスホイ24のフライトレコーダーの解読結果を公表するはずだったが、専門家らは「ブラックボックスから情報は得られなかった」との非常に残念な報告をする事となった。

撃墜機は領空侵犯していない、ロシアには証拠あり - Sputnik 日本
撃墜機は領空侵犯していない、ロシアには証拠あり
スホイ24のブラックボックスのマイクロチップの一部が破損していた事は、18日金曜日、国際航空委員会の専門家らが、ジャーナリスト立会いのもと、フライトレコーダーの開封に着手した際すでに明らかになっていた。しかし、詳しくX線検査をした結果、最も悲観的な予想が確認されてしまった。

ロシア航空宇宙軍によれば「フライトレコーダーの不揮発性メモリーチップ16のうち13個がダメになっており、残りの3個も損傷を受けていた。ただマイクロチップの内部部品の損傷程度は、X線透視検査ではわからないので、シリアル番号WDD5のマイクロチップだけは、良好な状態である可能性がある。」

今後専門家らは、さらに追加的に専門家を迎える考えで、シリア上空でのスホイ24撃墜時の状況を明らかにするため、彼らは唯一残ったマイクロチップのクリスタルから、ほんの少しの情報でも取り出せるよう試みることになる。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала