北朝鮮の指導者金正恩氏 韓国との関係改善を主張

© REUTERS / KCNA北朝鮮の指導者金正恩氏 韓国との関係改善を主張
北朝鮮の指導者金正恩氏 韓国との関係改善を主張 - Sputnik 日本
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の最高指導者キム・ジョンウン(金正恩)第一書記は、29分に渡る比較的長い新年の挨拶を行い、その中で国民に対し、自主的に南(韓国)と再統一する新たな時代を開き、南北関係改善を促す必要がある事を認めた。

なお南北朝鮮間の交渉は、長い中断の後、昨年2015年に再開されている。

なおリア-ノーヴォスチ通信の指摘によれば、キム・ジョンウン第一書記は、自分の演説の中で、核兵器に関しては一度も言及しなかった。しかし、その一方で彼は「さまざまな形態の軍事攻撃手段」の製造を訴えた。またキム・ジョンウン第一書記は「米国と南朝鮮(韓国)は、共同軍事演習を止めるべきだ。あれは、我が国に対する戦争のリハーサルである」と指摘した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала