米国 ほぼ100年ぶりの大雪 空の便数千が欠航

© AP Photo / Michael Dwyer米国 ほぼ100年ぶりの大雪 空の便数千が欠航
米国 ほぼ100年ぶりの大雪 空の便数千が欠航 - Sputnik 日本
今日金曜日、米国の航空会社は、大雪の恐れがあるとの予想で数千便を欠航させている。

例えばユナイテッド航空は、現地時間で16時から米国中部大西洋岸地域での飛行機の運行を中止した。

米国人「スノーゴジラ」襲来の様子をカメラに - Sputnik 日本
米国人、「スノーゴジラ」襲来の様子をSNSでこぞってシェア
他の航空会社も、ユナイテッド航空の決定に従う可能性がある。

首都ワシントンやその郊外にある空港も含め、数十の空港では、フライトが欠航になる可能性があるとの発表がなされた。ノースカロライナのシャーロット空港を含め、いくつかの主要ハブ空港では、金曜午後から天候が回復するまで、ほぼすべての便が欠航となった。

金曜日と明日土曜日、米国の大西洋岸は、大雪に見舞われ、地域によって降雪量は、1922年以来の最高60センチに達するものと予想されている。中でもワシントンやニューヨーク、フィラデルフィア、ボルチモア、シャーロットが大雪の被害を受けそうだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала