チェコに身体障碍者向け性的アシスタントが出現

© Flickr / Dominik Goleniaチェコに身体障碍者向け性的アシスタントが出現
チェコに身体障碍者向け性的アシスタントが出現 - Sputnik 日本
チェコで新型サービスが人気を集めている。身体障碍者向け性的アシスタントだ。

昨年11月、「リスクなき快楽」というプロジェクトがメディアに取り上げられた。身体障碍者向の性的タブーを破壊することを目標に掲げるものだ。同プロジェクトによれば、障碍者の性というとき、人はしばしばそこにスキャンダラスな、異常な、変態的なにおいを嗅ぎつける。

エルサルバドルが女性国民に要請、この先2年は出産しないで - Sputnik 日本
エルサルバドルが女性国民に要請、この先2年は出産しないで
「障碍者の性的要求は近しい人にとって問題となり得る。しかしそうした要求は、禁止するのでなく「引き出して」やらないといけない」。幼少時から麻痺症を抱えるミラン・ランガー氏が語った。ポーランドのTVN24が伝えた

現在チェコでは5人の女性がそうしたサービスに従事している。全員が「リスクなき快楽」主催の医学および心理学の講習を受けている。

「リスクなき快楽」代表およびその女性たちは、これは何もチェコで禁じられている売春ではなく、新形態の介護補助なのだ、と強調する。

「身体障碍者にとり、この介護は心理的なものでもある。常にセックスが伴うわけではない。患者が自らの欲求を満たす仕方を覚え、自らと自らの体を受け入れる手助けをするものである」。「リスクなき快楽」創始者のひとりリュツィエ・シドヴァ氏が語った。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала