奄美大島で115年ぶりに雪が降る

鹿児島県・奄美大島で24日、115年ぶりに降雪が観測された。気象庁が発表した。奄美大島で雪が観測されたのは、1901年2月12日以来115年ぶり。

日本、暴風雪接近にともない空の便70以上が欠航 - Sputnik 日本
日本、暴風雪接近にともない空の便70以上が欠航
日本の南西部はこの週末、寒波に見舞われ、雪が降った。九州では記録的な大雪となり、長崎市では過去最多となる16センチの積雪、鹿児島市では10センチの積雪が観測された。

沖縄県では気温が観測史上最低となり、4.6度を記録した。福岡市では11台の自動車が絡む事故が起き、負傷者が出た。

また先に伝えられたところによると、大雪のため日本南西部に向かう空の便166便が欠航した。24日午前、航空会社7社は、サイトで近畿、四国、九州行きの空の便の欠航を伝えた。

天気予報によると、雪は25日まで降り続けるという。日本南部・西部の降雪量は、30センチから100センチと予想されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала