ロシア安全保障会議書記:ロシアとウクライナにはひとつの民族が住んでいる

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi / フォトバンクに移行ニコライ・パトルシェフ安全保障会議書記
ニコライ・パトルシェフ安全保障会議書記 - Sputnik 日本
ロシア安全保障会議書記ニコライ・パトルシェフ氏は、ロシアとウクライナにはひとつの民族が住んでいるが、今は分離されている、と述べた。

ドイツの党代表団 クリミアにドイツ代表部開設を提案 - Sputnik 日本
ドイツの党代表団 クリミアにドイツ代表部開設を提案
「歴史的経過によって、ロシアとウクライナにはひとつの民族が住んでいるが、今は分離されている。いまウクライナ人は、ロシア人は古くからの仇敵である、と訴えている。ウクライナでは、かつてのナチス・ドイツのように、非常に右翼的な愛国主義イデオロギーが強化されている。若者は、ウクライナの全歴史がロシアからの独立をめぐる戦いの歴史であったという思想がこめられた教科書で教育されている」。APが伝えた。

米国とEUは「ウクライナでクーデターを組織し、結果、政権には、反民衆的で、反ロシア的な政治を行なう勢力がついた」とパトルシェフ氏。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала