ニューヨークタイムズ:米国はイランに対するサイバー攻撃を準備していた

© REUTERS / Morteza Nikoubazlニューヨークタイムズ:米国はイランに対するサイバー攻撃を準備していた
ニューヨークタイムズ:米国はイランに対するサイバー攻撃を準備していた - Sputnik 日本
米国は、イランの核開発を抑制するための外交努力が失敗し、軍事衝突に発展した場合、イランに対するサイバー攻撃を行うための詳細な計画を練っていた。ニューヨークタイムズ紙が報じた。

計画のコードネームは「ニトロゼウス」で、バラク・オバマ米大統領の任期の早い時期に策定されていた。イランの防空、通信システム、電力システムの主要な要素をダウンさせることを目指したものだ。この計画は昨年7月14日、イランと6か国がイランの核開発問題の解決に関する歴史的な合意を結んだことを受け、延期された。

「ニトロゼウス」は、イランが米国やその同盟国に敵対した場合に大規模な戦争を回避するためのオバマ大統領の代替シナリオの一つであった。計画が発動されれば、米軍人および諜報機関員数千人が参加し、数千万ドルが投じられ、イランのコンピュータネットワークにスパイデバイスを設置することになったという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала