放射線vsジカ熱 ブラジルで蚊駆除の新たな試み

© AFP 2022 / Marvin RECINOSヤブカ(藪蚊)
ヤブカ(藪蚊) - Sputnik 日本
ブラジルで、放射線の助けを借りてジカ熱ウイルス蔓延と戦う計画が立てられている。当局は、病原体を運ぶ蚊(Aedes)のオスの生殖機能を失わせるためガンマ線を利用する可能性がある。

米国が蚊にジカウイルスを意図的に混入する可能性がある - Sputnik 日本
米国が蚊にジカウイルスを意図的に混入する可能性がある
ガンマ線の特別照射は、ポルトガルのマデイラ島の果樹園を荒らしていた蚊の駆除の際、すでに大きな効果をあげている。新聞「インディペンデント」によれば、IAEA(国際原子力機関)は、ブラジル政府が輸入許可を出し次第、機器の輸送費を負担する、とのことだ。

今年8月5日から21日まで、ブラジルのリオデジャネイロでは夏季オリンピックが催されるが、感染が広がるジカ熱が大きな脅威となっている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала