ベラルーシで警官が車にひかれそうになった小学生の身代わりになる

ベラルーシのヴィーツェプスクで、警官が車にひかれそうになった子供を自分の体を犠牲にして助けた。

警備局鉄道課の警官セルゲイ・バタルコ准尉は、道路を渡る小学生の後ろを歩いていた。その時突然、小学生に向かって車が走ってきた。バタルコ准尉は、小学生が背負っていたリュックをつかんで引き寄せ、自分の体を犠牲にして守った。

バタルコ准尉は、左足を打撲したが、小学生にけがはなかった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала