CIA職員 スクールバスの中に誤って「爆発物」を置き忘れる

CIAの職員が誤って、スクールバスの中に「爆発物」を置き忘れる、という仰天事件が米ヴァージニア州であった。このバスは「爆発物」を乗せたまま、3月28-29の両日、何度か生徒達の送り迎えをした。CIAが声明を発表し、伝えた。

声明は「その間、爆発物は、安定した状態にあり、生徒ら乗客に危険はなかった」と説明している。

先週、CIAの警察犬部隊が、犬と共に爆発物発見の訓練をしたが、その際、発見の対象として仕掛けられたものが、訓練後も除去されず、スクールバスに残されたままになっていた。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала