天文学者ら、酸素の大気を持つ白色矮星を発見

リオグランデ大学とキール大学の天文学者らは、大気がほぼ完全に酸素で構成されている白色矮星を初めて発見した。サイエンス誌をもとにN + 1が報じたところでは、これは大質量星の進化に関する理論を裏付ける発見だ。

異星人はどのようにして地球人から自分の惑星を隠しているか - Sputnik 日本
異星人はどのようにして地球人から自分の惑星を隠しているか
天文学者はSDSS J124043.01 + 671034.68と呼ばれる星の大気上層が主に酸素で構成されていることを確認した。酸素の次に含有率の高い原素は、ネオン、マグネシウム、珪素だ。

大気中に水素やヘリウムがないことは驚くべきであることだという。近傍に軽元素の層を「剥奪」する同伴天体がいると見られる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала