「ロシアの声」のアーカイブから人気番組:文学の客間へようこそ!ミハイル・ゾーシチェンコ作『金言』と「30年後」

© Sputnik / Boris Ignatovich / メディアバンクへ移行ミハイル・ゾーシチェンコ
ミハイル・ゾーシチェンコ - Sputnik 日本
ミハイル・ゾーシチェンコというロシアの作家をご存じない方も多くおられると思いもいます。というのも日本でゾーシチェンコ作品集が出たのは実はつい最近2012年のことからです。

ゾーシチェンコの作品といいますと、社会主義革命が起こった後20年代後半から30年代にかけて都市に流入した庶民たちが繰り広げる強かで可笑しな話が最初に浮かびますが当時のレニングラード独特の世相をユーモアタップリに表わした文書はある意味日本の落語に似た独特の文体を持っており、朗読には最適です。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала