ニュースかいたずらか:アメリカ人は現実のメディア報道と冗談が区別できない

近年では、米国のニュースネットワークは、大袈裟な、嘆かわしい、また、下に語られるように、完全に架空の物語を借りて聴衆の注目を集めようとしている。RT(ロシア・トゥデイ)テレビは、今日多くのアメリカ人がもはや冗談と本当のニュースを区別することができなくなっているということを突き止めた。

RTは、アメリカ人がどのようなニュースが本当で、どれが冗談であると考えるかを調べるために、ニューヨークの住民にインタビューをした。「200年後にはすべてのブロンドが絶滅する」「ゲイパレードにダーイシュの旗」「カダフィ大佐はリビアにおける大量レイプ実行のために兵士にバイアグラ使用を命じた」等の見出しが示された。これらのセンセーショナルな捏造記事のいくつかを西側ニュースメディアは絶対的な真実のごとく報じたが、真相は最良の場合でも歪曲されていた。

AP通信とアメリカ・プレス研究所が設立したメディアインサイト・プロジェクトの一環として、米国人のメディアへの態度が調査された。それにより、ニュースで言われていることを信じているのは人口の6%未満であることがわかった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала