今年初めからロシア産原油価格 37,5%も下落

ロシア産の輸出用原油銘柄Urals(ウラル)の平均価格は、今年1月から4月までを総合すると、1バレル=$33,93となった。なお昨年の同じ時期、価格は1バレル=$54,3に達していた。ロシア財務省が伝えた。

つまり前年比、ウラル原油の平均価格は、37,5%も下がったことになる。

財務省の指摘によれば、ウラル原油の平均価格は、今年4月、1バレル=$39,63だったが、昨年4月は$59,16で、およそ三分の一、値が落ちた。

なお、本質的な下落後、現在は全体として、原油価格は安定している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала