米国で電子タバコの販売制限が強化される

米食品医薬品局が発表した電子タバコ販売に関する新規制では、18歳未満への電子タバコの販売が禁止され、購入の際に身分証の提示が必須となる。

これに加え、自動販売機での購入も不可能となり、メーカーは今後広告内で「軽い」や「まろやか」といった言葉の使用を禁止される。

米保健福祉省のシルヴィア・バーウェル長官によると、2009年にタバコ産業への規制が導入されて以降電子タバコの需要が急激に高まり、当局はこうした事態に懸念を抱いていた。新規制の導入により非喫煙世代を目指した闘いが始まっている。

公式データによると、喫煙は国内で毎年48万人が死亡する原因となっている。米国内の喫煙者数は4000万人を数える。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала