ブレント原油価格 下落後 $43,7で安定

火曜日、原油価格は、2,5%以上昨日下落した後、カナダの油田で採掘が徐々に再開されているとの報道を受けて、ひとまず安定している。ブルームバーグ通信が伝えた。

原油価格の下落をもたらしたカナダでの森林火災は、原油採掘関連施設に損害をもたらさず、原油の生産量も、徐々に回復し始めている。

ロンドンのインターコンチネンタル取引所での、ブレント原油の7月先物取引価格は、モスクワ時間で7時55分の時点で0,2%下がり、1バレル=$43,71だった。

またニューヨーク・マーカンタイル取引所での、WTI(米国産標準油種)の6月先物取引価格は、上記と同じ時点で0,25%下がり、1バレル=$43,33だった。

 

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала