日本人の約3分の1がマナーの悪い外国人旅行者を懸念している‐世論調査

© Sputnik / Natalya Seliverstova / メディアバンクへ移行日本人の約3分の1がマナーの悪い外国人旅行者を懸念している‐世論調査
日本人の約3分の1がマナーの悪い外国人旅行者を懸念している‐世論調査 - Sputnik 日本
日本人の約3分の1が、同国の礼儀作法を守らない複数の外国人旅行者のマナーの悪さを懸念している。

政府の世論調査によると、回答者の26パーセントが外国人旅行者のマナーの悪さを懸念していると答えた。

これは外国人旅行者が増える中で日本人が考える一番大きな問題となっている。

なお読売新聞によると、日本人は何よりも安全保障問題を心配しているという。

地元当局は、マナーの悪さに対処するために様々な方法を用いているが、最も効果が高かったのは、外国人に何をしてはいけないのかを示す看板だったという。

公式統計によると、日本には昨年1974万人の外国人旅行者が訪れた。

安倍政権は、観光を経済成長の促進を可能とする重要なファクターとみなしている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала