肥満と糖尿病の主犯が明らかに

© viperagp肥満は長寿のもと
肥満は長寿のもと - Sputnik 日本
ケンタッキー大学の研究者は、体脂肪を摂取したときに放出され、腸内の脂肪酸の消化に寄与するニューロテンシンホルモンが肥満のリスクの可能性を示す可能性があることを突き止めた。

日本の学者ら、肥満の特効薬を開発中 - Sputnik 日本
肥満は長寿のもと
専門家は16年間にわたって追跡した28449人の男性と女性からデータを引き出した。また、動物も調べることにより、ニューロテンシンの不足が肥満、インスリン抵抗性と脂肪肝を防ぐことができることも分かった。生物学者らは、ニューロテンシンは脂肪の摂取に関連する疾患のマーカーとして最適であり、その新たな治療法につながると見ている。

科学者によれば、ニューロテンシンは、体内の栄養素の配分において機能を果たし、脂肪の同化を促進するように胃腸管を促す。しかしそれがしばしば、特に西側の食品を食す人の代謝を破壊するという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала