昼寝は人間にとって危険

© REUTERS / Jason Lee 昼寝は人間にとって危険
昼寝は人間にとって危険 - Sputnik 日本
メイヨー・クリニックの研究者たちは、昼寝は人間にとって非常に危険であると発表した。

一般的に昼間の短時間の睡眠は有益だと言われているものの、血圧が高まるリスクが5倍になる可能性があるという。

英国では少なくとも1600万人が高血圧に苦しんでおり、高血圧が将来的に心臓発作や脳卒中、腎臓病を引き起こす恐れがある。研究者たちによると、昼寝がこの状況を悪化させる可能性があるという。

研究者たちは、昼の時間帯に短い睡眠をとった人の13-19パーセントが高血圧症に苦しんだことを発見した。なお夜勤中に短い仮眠をとった人々からは、このような結びつきは見つからなかったという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала