FT:アルメニア人虐殺を認めるドイツの計画にエルドアン氏激怒

© AP Photoトルコのエルドアン大統領
トルコのエルドアン大統領 - Sputnik 日本
ドイツ議会アルメニア人虐殺を認めるアイデアを活発に討議しており、それがトルコのエルドアン大統領の激怒を呼んでいる。フィナンシャルタイムズが報じた。

オスマン帝国領内で第一次世界大戦中にアルメニア人に対して行なわれた大量殺戮に「ジェノサイド」の語を認定する可能性のある投票が4月2日、ドイツ議会で行なわれる。

この決定でメルケル首相は株を上げると見られるが、エルドアン氏は「EUのトルコ軽視」にいたく不満で、移民合意を破棄すると通告している。ドイツ議会のジェノサイド認定は火に油を注ぐだけだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала